どうして大切なものって儚くうつろ
やさしさが微笑みさえ色を変えていく
尖る言葉並べてぶつけ合った気持ちは
投げつけた分の激しさで僕の胸を切り付ける
愛してるのに愛せない
澄んだ瞳がなおさらにまぶしすぎて苛立ちが募る
抱きしめたくて抱けなくて
行き場なくす僕の手から
零れ落ちてく ねぇ君のことを愛してる
いつから迷ったのかな はぐれた2人
求めれば求めるほど愛を見失う
どこにいるの教えて 欲しいものはなかった
迷いもなく好きだといえば君のもとへ行けるかな
戻りたいのに戻れない
無邪気すぎてたあの場所は記憶の中日差しに揺れてる
わかりたいのにわからない
もがきながら傷つけてた
伝えたい言葉 ねえ君のことを愛してる
あぁ叶うならどうか名前も知らないままの2人から
もう一度出会って辿りなおしてみたい君と
なにも言わず君を抱いてしまえばいいのかい 
ねぇ涙色に染まる頬も照らせないまま濡れる心
間違いと間違いが交わりこじれて
せめてあの日までの巻き戻し方を ねぇ教えて
愛してるのに愛せない
澄んだ瞳がなおさらにまぶしすぎて苛立ちが募る
抱きしめたくて抱けなくて
行き場なくす僕の手から
零れ落ちてく ねぇ君のことを愛してる